弁護士に依頼する

借金で自己破産をする場合は弁護士や司法書士などに依頼をして行うべきです。法律の初心者が手続きを行おうとしてもミスをしてしまう可能性があります。きちんと書類を用意して手続きをしなければいけません。たとえ費用がかかったとしてもプロに任せるべきでしょう。また、司法書士よりも弁護士の方が扱える業務の幅が広く、経験も豊富であることが多いため安心できます。弁護士に相談をするメリットは大きいのです

カードこれから弁護士に相談をするならば準備をしておきましょう。まず借金の現状について把握しておく必要があります。債権者名と債権残高を確認する必要があります。これらを確認できる書類を用意しておくと良いでしょう。クレジットカードや請求書を持っておくと相談がスムーズに進みます。事前に一覧にしておくと分かりやすいです。もし訴状が届いているならば、それも用意しておきましょう。早めに自己破産の手続きを進めておかないと差し押さえされてしまうケースもあるからです。

また、収入や日々の家計、所有財産などの情報もまとめておきましょう。財産としては不動産と自動車が個人で所有する高額な財産としてよくあるものです。自分が所有者であるならば、自己破産の際に手放す必要があります。これらについてチェックしておきましょう。