必要な手続きとは

自己破産をするためにはどのような手続きが必要となるのか紹介しましょう。まずは債権者に対して受任通知と債権調査の協力をお願いすることになります。そのための書類を発送します。この時点で取り立てをストップすることができるでしょう。次に破産申立をするために必要な書類を準備することになります。そして自己破産を申し立てることになります。これはその地域を管轄している地方裁判所に対して提出することになります。これで免責が決定されたならば借金の返済をする義務がなくなります。

お金ただし、。また、申し立てをしたときに財産があることを隠していた場合も不許可となります。

自己破産の手続きには同時廃止と管財があります。もし、破産申立をする際に債権者に対して配当する財産があるならば管財となります。そのような財産がないならば同時廃止となります。管財の場合は時間がかかってしまうのですが、個人の場合はほとんど適用されません。

このようにして自己破産をすることになります。すべての借金を帳消しできるのです。ただし、他にも債務整理の方法はあるため、そちらもきちんとチェックしておくべきでしょう。