自己破産とは

お金がない自己破産というのは裁判所に借金返済が不可能であると認められて免責が許可されることによって、すべての借金の支払いを免除してもらうという手続きのことです。ただし、自己破産をすると財産をすべて手放すことになります。お金にかえて、それらのお金はすべて債権者に分配されることになるのです。ただし、裁判所の定める基準を下回る財産についてはそのまま手元に残しておくことができるでしょう。また、自己破産をしたからといって家族に影響することはありません。家族に迷惑をかけないという点は大きなメリットとなるでしょう。

ただし自己破産ができるのは支払不能であると認められた場合のみです。その際には借金の額や収入、資産といった状況について総合的に判断されることになるのです。そのため、誰でも自己破産ができるというわけではありません。自己破産をしなければ生活が危うくなるという状況でないと適応されないのです。逆にいえば、借金で苦しんでいてこのままではどうしようもないという方を救うことができます。

借金は絶対に返済しなければいけないものですが、自己破産のような逃げ道が用意されているのを知っておくことは良いことでしょう。一人で苦しみ続ける必要はありません。